NakiBlo Aim for the Wizard

2512月/091

Gimp2.6.7にPatchを当ててGimp-Painter-にしちゃうぞ!

こんにちは!
悪戦苦闘したGimpのインストールもついに最終章か?
どんどんいってみよー!


- そもそも「Gimp-Painter-」ってなんなのか? -

Gimpに、MixBrashG-Penツールを追加した派生物です

MixBrashというのが、Painterライクな使い方にすることのできるツール。
簡単に説明すると、下地の色を少し引き延ばして描画することが可能になります。
つまり厚塗り効果が出し易いっていう。

G-Penツールというのは、手ぶれ補正付きのインクペンの事です。
線を引いてみると分かるんですが、かなりキレイに線引けるようになります。
見るよりやってみるとすごくわかる。
線画描くときとかに重宝しそう。

この2つを追加したのがGimp-Painter-です!
上記リンクを見てもらえればスクリーンショットがあるのでよくわかるはず。

SAIには標準でこれ以上に秀逸な筆圧検知があるとかないとか?
よぉく使われる理由がわかりますよね。

※補足
Gimp-painter- extends Gimp-painter implements Gimp
無理矢理クラス構造にするとこうなる、みたいな。
これらは全て別物で、左に行くほど進化しているっていっていいのか、とにかく付属物が多くなってます。


- 悪戦苦闘してみた -

さてと、前フリはこれくらいにして、どんどんPatch当てていきましょう!
基本的な方針は、こうです。

1. ソースコードにPatch当てる
2.ビルドする
3.インストールする

ふだんソフトウェアが自動でやってる事を手でやるわけです。

- 使用した物 -

gimp-2.6.7.tar.bz2
gimp-painter--20090715.diff
MacPort

- 手順 -

1.ソースを手に入れる
Gimpのサイトから落とします:gimp-2.6.7.tar.bz2
ダブルクリックで解凍します

2.パッチを手に入れる
sourceforgeにある、20091220時点での最新パッチ:gimp-painter--20090715.diff

3.下準備
ソースコードのあるフォルダへcd
パッチを、同じフォルダへcp

4.パッチを当てる
patch < gimp-painter--20090715.diff

5.ビルドする
./configure [オプション:エラー見ながら適宜変更]
make

6.インストールする
sudo make install

まぁ、簡単♪
といっても、そこに行き着くまでに結構時間がかかっています。


- エラーがあらわれた! -

- Makeできない -

$ make
make: *** No targets specified and no makefile found. Stop.

まぁ、そうだわな。

"make"と名前のつくファイルを探してみる

Makefile.am
Makefile.in

この2つ。

テキストエディタで中身を見てみると、.inの方を実行しろとのこと
$ sudo ./Makefile.in
Password:
sudo: ./Makefile.in: command not found

うーん、できない...

macのmakeって、makeじゃなかった気がした今日この頃、Googleする

この方法で間違いなさそう...

「makefileねぇよ!」

って言ってるんだよね

どれかを無理矢理makefileにするのか?

... 行き詰まる ...

- 取扱説明書はきちんと読みましょう -

「INSTALL」というテキストファイルを見つける
なんだ、あるんだこういうの。
というわけで、流し読んでみる。

なんかすさまじいほどのライブラリが必要らしい
これ全部インストールするの...?
Macportsのところでだいたいやってくれてるはずなんだけど、どうやらパスが通ってないらしい?

いやいや、通っていますわよ

- エラーは無視するに限る!? -

まぁ、いいや、オプションでとりあえずmakefile創るまでは辿り着いちゃおう

無いと警告がでたのはTIFFとJPEGのライブラリがどうのこうの。
エラー文に出て来たオプションを、configureの後ろにくっつけてっと...。

$ ./configure --without-libtiff --without-libjpeg

おお、Makefileできたー!

- インストールフォルダを変更しないと、なんかね -

$ make

ごちゃごちゃとなんか出てくる
なんか前回を思い出す...
これだけのソースコードをコンパイルするのって大変なんだなぁ
ゲームでも1回のコンパイルでこのくらいかかると思うとゾッとする

(30分後)

make終わり...
次は、インストールだな。

$ sudo make install

こちらは、すぐに終わって、ふう、usr/local/*の中に「gimpほげほげ」みたいなのがたくさんできました。

このデフォルトにしていされているusr/local/*。
configureする段階で、prefix-PATHで指定すると、別のフォルダにすることができます。


- 実行! -

実行!

...

いよおおおおおおし、G-penとMixBrashがあるううううううう!

だけど、なんか表示がおかしいいいいいい!
ポップアップ表示と、ラベルの表示が背面に出ちゃうおかげで設定が難しい?

おう、環境設定いじるとなんとかなるな

わーい、できたできたあ

こんな簡単なことだけど、自分の力でやれたと思うと、少し嬉しい。


- 結局どうした -

ま、まぁ、これで終わりなんですけど
これだけだとなんかむなしいので、なにか記念に描こう...

ふう、拡大すると荒が見えまくりなので、1歩引いてご覧ください( ´д`)

色塗りはMix-Brash、あまりにも荒が見えまくる線画はG-Penツールでそれぞれ描いてます。

===========
参考にしたもの

http://www24.atwiki.jp/sigetch_2007/pages/17.html

http://www.geocities.jp/gimpfile/gum_jp/47.html

Posted by nakigao

Comments (1) Trackbacks (0)
  1. magnificent issues altogether, you just received a new reader.
    What could you recommend about your put up that you simply made some days ago?
    Any certain?


Leave a comment

No trackbacks yet.

Ads by Sitemix