FrontPage > GameDevelopment >Flex3 ActionScript3.0 > 3DRPG(Now)



はじめに

Tenorion が途中で頓挫したので...、正直SiONが予想以上に難しすぎて、細部まで分析できなかった。
悔しい...。
とにかく、来年に向けて、最初にPapervison3Dをなんとかしようと思い立った!

準備

使用したライブラリ一覧

※インストール方法はこちら
 

PaperVision3D

PaperVision3D.org
英語公式
今回使用したバージョン:ver 2.0.883
Papervision3D Official Documentation
英語レファレンス。日本語は探したけど、見当たらなかったなぁ。
※チュートリアルはこちら
 

制作過程

Papervision3Dに慣れる

まずは、ここから。
Tenorionのときみたいに挫折しないように、丁寧に基礎を勉強します。

.NET Visual C++ 用に最適化されているコードを読む

ここが、たぶん最大の難関。
3D描画の流れを理解できて、AS3.0上で同じ事ができるようになるのが目標。
負けるか!!

1ターン目「2D表示をするコードをみる」

とりあえず、ダウンロードして来た。
解凍してみる...233MB大杉。
とりあえず、最初のDirect3Dを使って2D表示をするのコードを見てみる。
んー、Windows特有の処理と、ユーティリティ的なものは省くかな。
ヘッダファイルはおいておいて...。
ふむ、sample.cppから見るか。
MainWin?.create()を呼んでるだけだ。
しかし、宣言が見当たらない、ということは、継承されたメソッドを呼んでるんだな。
で、MainWin?::OnCreate?()関数を実行するのだろう。
で、この関数は、D3DWin::OnCreate?()を呼ぶ...。
お、ここで本題っぽいぞ。DirectX9の初期化処理をしている。
デバイス関連の処理と、ステージのセッティングだけだな。
次は、Timerクラスをみてみようか。
んー、SDKのサンプルからもらってきてるらしいんだけど、ただのTimer関数群なのよね。
ここで、手がかりが絶えます。
むしろ、2Dの場合はテクスチャ貼って終わりってことなのだろうか。

2ターン目「D3DMap基礎、最も単純な3DMapの生成」

続く...

参考資料

参考文献

3DRPGプログラミング 坂本千尋 ソフトバンクパブリッシング 2005:?
今回ヒントを得ようと思った本。できるかな...?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-27 (火) 00:38:13 (3987d)
Ads by Sitemix