FrontPage > GameDevelopment >Flex3 ActionScript3.0 > Yukidaruma3D(Now)



はじめに

Tenorion が途中で頓挫したので、なにか作らねば!!!
と、焦ってPaparvision3Dの参考書を読んでいたときに思った。
「ああ、前にイベントで先輩が作った避けゲームを3Dにしよう」
そして始まったプロジェクト。
3日で完成させないと部員に示しがつかないぜ!!!

準備

PaperVision3D

PaperVision3D.org
英語公式
今回使用したバージョン:ver 2.0.883
Papervision3D Official Documentation
英語レファレンス。日本語は探したけど、見当たらなかったなぁ。
※チュートリアルはこちら
 

制作過程

Papervision3Dに慣れる

とりあえず、シーン、カメラの使い方を覚えて、表示する所まではきた。
3D使えるようになるとオモシロいと思った。
だけど、数学的発想が必須。

Mainのロジックを完成させよう

簡単な2D的なアルゴリズムを、3Dで表示するということにする。
なんか、継承とか、クラス設計とかを30分ほど考えて、実装に移る。
ふむ、何とかなりそうな気がして来た。
とりあえず、上位クラスになる「Scene」を作ってしまうぞ。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
initYukidaruma3D(); //SceneManeger()と、Sceneインスタンスの作成
                        
SceneManeger(); //シーンの作成、シーンの遷移、シーン破棄担当
MusicManeger(); //BGM、SE、実行、停止
                        
Scene(); //各シーンの描画、各シーンの処理担当:Interfaceとして、start(), destroy()を定義
Title();
        start();
        destroy();
        fadeOut();
        fadeIn();
                                        
Main();
        start();        
        destroy();
        fadeOut();
        fadeIn();
                                
GameOver();
        start();
        destroy();
        fadeOut();
        fadeIn();
                                        
Ranking();
        start();
        destroy();
        fadeOut();
        fadeIn();

参考資料

参考文献

3DRPGプログラミング 坂本千尋 ソフトバンクパブリッシング 2005:?
今回ヒントを得ようと思った本。できるかな...?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-29 (木) 21:51:35 (3911d)
Ads by Sitemix