FrontPage > IwanamiLecture > Philisophy(Now)



はじめに

哲学を考える岩波講座シリーズ。
2008年刊行の比較的新しいシリーズ。
深く考察する事はする気しないので、流し読みと感想をツラツラと...。

01 - いま「哲学する」ことへ

理性/ロゴスの再生

名づける、喩える、書き換える

  • こころの哲学
    • デカルトの「情念論」
    • こころは能動的か、受動的か 決めるのは難しいみたいです
    • 精神は対象世界のメタファである
    • メタファとしてこころを捉えると、わかりやすくなる
    • こころのはたらきを正確に語る言語は、理想的には、メタファ抜きの、物理的あるいは自然科学の言語に一元化される
    • メタファとしてのこころ を考えるとき、デカルトのいう「能動」「受動」という概念は強力な考察材料になりえる
    • アリストテレス 「魂のパトス」としての知覚や思考という心的活動
    • 「探求し学ぶとは、全体として想起に他ならない」プラトン

関係ないけど、なんかかっこいい言葉

ギリシア語って、使えるよなゲームとかの魔法にw 古代ギリシア語
「作用する-作用をうける = ポイエイン-パスケイン」 ラテン語
「能動-受動 = actio(agere)-passio(pati)」 「作用を受ける = パトス」 昔のギリシア人の考え方
スプランクノン - 人間の内部
感情は、神霊の介入攻撃の現れ
「潜在的な能力、機能 = デュミナス」 「人体の家なる自然本性 = ピュシス」 「医聖ヒポクラテス」 「その作用するものの能力の発現 = エネルゲイア」 「魂の宿る身体と名称 = ソーマ」

02 -

参考資料

リンク先タイトル:
一言感想。

参考文献

書籍名 - 著者 発行日 出版社:?
一言感想

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-10 (土) 12:54:36 (3954d)
Ads by Sitemix